ラブホ前での直での待ち合わせは援デリ業者からの派遣だと気づく

前回はデブ娘とだったけど、なんとかHまではこぎつけたわけで、それに顔はどうやら2年ほど前のだったみたいでした。
2年であそこまで太れるのかとか想像しながら苦笑いをしつつ、来週もまた誰かと遊びたくなった衝動に駆られるようになっていました。

それでさすがに車の中だと急いでHをしないといけないし、体制もきつく妻にもバレそうだし、やるだけで終わりと言う部分は仕方ないよなと悩むようになっていたこともあり、それなら休日にラブホテルへ行ける相手を見つけようと思ったのです。

土日のどちらかであればどこかへ連れて行って欲しいという妻子の要望もないですからね。
それで前日に会える娘探しをしていると、自分と同じ条件でもOKしてくれた24才の美人OLさんがいたんです。

なんでも午後からまったりと一緒に過ごせるという嬉しい言葉を言ってくれていたんですよ。
これなら、ソープで5時間近くいるのと同じじゃん!マジでこれは激安だ!と心の底から思ったのです。

そして実際に待ち合わせ場所へ向ったのですが、またやってしまいました。
見た感じが明らかにおばさんだったのです。

ヤバッ!
結局話しかけてしまい、まあまだ前回のおデブ娘に比べれば細身ではあったのですが、
さすがにあの写真は1つも合っているところがないじゃん・・・

しかも、今回はフェラすらなしですぐに挿入、わずか30分で帰宅された上に2万円ものお金を取られてしまい、
Hしたのは良かったけど、凄いいい夢を見ていた自分に気づいただけでした。

もっとうまい方法はきっとあるはず・・・

この記事へのコメント